楽野由乃ブログ

ズボラ主婦「らくの ゆの」が、ゆるゆる糖質制限ダイエットと断捨離に励んでいるブログです。

お菓子作りの道具の断捨離で、理想のママ像も一緒に手放した話。

まだ暑い日が続いていますが、アイスクリームが作れる道具を断捨離しました。

f:id:yuyukoo:20180824081450j:plain

これは娘がまだ小学校低学年だった時に、ねだられて買ったおもちゃです。

おもちゃなのですが、割と本格的に美味しいアイスクリームが作れます。

この道具には理想のママ像の残像があって、切なくなる品物の一つだったりします。

応援ありがとうございます⇒  にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  

簡単にアイスクリームができるおもちゃ

器を冷凍庫で冷やしておいて、中に材料を入れるだけ、というシンプルな構造です。

f:id:yuyukoo:20180824081512j:plain

材料を入れてくるくる混ぜると、アイスができるという仕組み。

どんなにお菓子作りにセンスがなくても、ちゃんと美味しいアイスができる優れものです。

f:id:yuyukoo:20180824081551j:plain

手で回すのが大変なので、別売りのモーターも買いました。

しかし、数年ぶりに開けて見たら電池が液漏れ!

f:id:yuyukoo:20180824081639j:plain

この道具を欲しがった本人に確認したら、「もういらない」というので手放すことにしました。

描いた理想のお母さんにはなれなかった

このアイスのおもちゃは、半分、罪滅ぼし的に購入した経緯があります。

というのも、お菓子作りにセンスがなさすぎたゆゆ子。

そんな理由から、子供達と一緒にお菓子作りをする機会がなかったのです。

このアイスのおもちゃのおかげで、初めてお菓子作りを一緒に楽しめた思い出の品です。

本当は、もっとこういう時間を子供と楽しみたかった・・・。

というのも、私の幼少期の思い出が大きく影響しているからなんです。

私が幼少期の頃のおやつは、いつも母親が手作りしてくれました。

プリン、ババロア、クッキー、パウンドケーキ、チーズケーキ、パンetc.。

いつも楽しみだったし、お菓子が焼きあがる時のあの甘い香りに包まれるのが、幸せな時間でもありました。

なので、自分も母親になったらそういう幸せな時間を、子供にも味わわせてあげたいと思ってました。

ところが!

私には、お菓子作りのセンスが全くない!

パウンドケーキを焼いたつもりが、変な油粘土みたいな物体になってしまいます。

本を見ながらレシピ通りに作ったはずなのに、なんでこうなってしまうのか分かりません(汗)。

まともに作れたのは、ホットケーキくらいです。

もちろんミックス粉。

母に出来て私に出来ないのは、教わる機会がなかったのも大きいです。

母親がフルタイムで働き始めてからは、いつも忙しそうでしたから。

自分が親からしてもらったことを、我が子にはしてあげられないって、ダメなお母さんみたいで無力感いっぱいでした。

結局、自分にできることを精一杯することしか出来ない

別にね、お菓子をまともに作れないからって、不幸になるわけじゃないんですよ。

子供が歪んで育つわけじゃないんですよ。

って、思いっきり強がりですけどね(笑)。

お菓子作りはダメだったけれど、ミニバス、ダンス、書道など、娘たちがやりたいことは全力でつき合って応援してきました。

現在、子供達は心身ともに健康そのもので、学校を休むのは年に1回あるかどうか。

次女に関しては、小4から中3の現在まで1度も学校を休んでません。

健康で笑顔で暮らせるなら、手段は何だっていいんだ。

子供がここまで大きくなると、そう思えますね。

アイス作りのおもちゃを見て、理想のママ像を手放しても大丈夫。

心からそう思えての、断捨離となりました。

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

↑↑断捨離のモチベーションが上がります