楽野由乃ブログ

ズボラ主婦「らくの ゆの」が、ゆるゆる糖質制限ダイエットと断捨離に励んでいるブログです。

12年分の手帳を断捨離、残す価値がある書き方について考察する。

12年分の手帳を断捨離しました。

2006年にほぼ日手帳を使い始めてから、「手帳で夢を叶えるって斬新!」と様々な手帳術にハマりました。

未来の私が見たらきっと、懐かしさに浸ったり、役立つことがあるはず。

そう思って取っておいたのですが・・・・

応援ありがとうございます⇒  にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

f:id:yuyukoo:20180904132321j:plain

実際、過去の手帳は役立つ?

12年前というと33歳です。

長女は幼稚園年長、次女は3歳でした。

ゆゆ子の30代は、今思うと混沌とした10年だったように思います。

子育てをしながら自分らしく生きたいと、もがいてました。

子育ては虐待一歩手前くらいまで行くほど、追い詰められていたこともあります。

そんな状態の人が書いている内容ですから、愚痴とか、悩みとかで重いこと、重いこと。

一応、良い意味づけへ変換する記述もありましたけれど、それを今見て役立つかというと・・・?

乗り越えてしまった今の私が見ても、何も響いてこない。

一見前向きそうな風で愚痴ばかり言う、面倒な人がその手帳の中にいました。

この経験をどこかで生かそうと思って、書き残していたはずなのですが、解決策を書いているわけでもないので、残念ながら全く役に立つ内容ではありませんでした。

過去の手帳を見て役立つかどうかは、記録の残し方が重要のようです。

手帳を断捨離の一番の決め手になったもの

今は元気に過ごしているとはいえ、人間いつ死ぬか分かりません。

病気じゃなくても、事故や災害で天国に行ってしまう可能性もあるわけです。

そうしたら私の遺品は、家族の目に晒されることになります。

この事を、よく遊びに行くブロガーさんの「実家の断捨離」について書かれた記事を読んで、ふと考えてしまったのです。

↓↓こちらの記事です。

www.toko87.com

残された家族が、この手帳を読んでどう思うかを想像してみました。

少なくとも娘たちは、傷ついてしまうかもしれません。

知らずに済むなら、その方が幸せだってこともあります。

これは私自身の経験で、そう思うのです。

「お父さんは、みんなに可愛がられるあなたが憎かったんだって。」

高校生の時に母からそう聞かされて、足元が崩れるかのようなショックを受けてしまったのです。

黙っていて欲しかったな。

後から何やら母が一生懸命フォローの言葉をかけてくれてましたが、ショックすぎて覚えていません。

とまぁ、そういった経緯もあって、自分の娘には同じ思いをして欲しくないので、今のうちに処分することにしました。 

価値がある記録にするためには、どうしたらいい?

嬉しいことはいいとして、ネガティブな感情を書き残しておくと、それを見た人はマイナスパワーの毒気にやられてしまいます。

そういう記録は、残しておくべきではありませんね。

私自身が、過去の自分のマイナスエネルギーの毒気にやられてしまいましたから。

それでは、ネガティブな内容に価値を持たせるには、どうしたらいいでしょう?

考えてみました。

感情は具体的なものよりも、後で見返す時は、サラっとしたもので充分です。

あとは次の流れような形で、記録に残っていたら、参考になると思いました。

事実

気づき

解決策 

実行して検証。

PDCAですね。

知りたいのは、どういう経緯で今の習慣がつくられたか?ということなので。

きっとそこで、陥るパターンとか見えてくるはず。

それでも、ネガティブな気持ちを吐き出したい時は?

ネガティブな気持ちを吐き出すと、気持ちが整理されてスッキリする効果があります。

そのため、定期的に書きなぐりたい時があるんですよね。

これはそれ専用のノートか紙を用意して、書いたら捨てるくらいがちょうどいいのかも。

おわりに

手帳の断捨離は、私にとっては手強いものの一つでした。

頑張って生きた証、そんなアイテムの一つでもありました。

でも、久しぶりに中身を見返したら、あまり幸せな気持ちになれませんでした。

気分が良くなるものだけ、残して行こう、改めてそう思いました。 

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

↑↑断捨離のモチベーションが上がります